ダウンロード祭りの場・ギヤマンビードロ (講談社文芸文庫)無料 PDF 林 京子 (著) 00567352

祭りの場・ギヤマンビードロ講談社文芸文庫


Book's Cover of祭りの場・ギヤマンビードロ (講談社文芸文庫)
4.3 stars of 5 from 10 Readers

ダウンロード祭りの場・ギヤマンビードロ講談社文芸文庫)無料 PDF 林 京子 (著) 00567352 - 【群像新人文学賞(第18回)】【芥川賞(73(1975上半期))】【「TRC MARC」の商品解説】如何なれば膝ありてわれを接(うけ)しや──。長崎での原爆被爆の切実な体験を、叫ばず歌わず、強く抑制された内奥の祈りとして語り、痛切な衝撃と深甚な感銘をもたらす、林京子の代表的作品。群像新人賞芥川賞受賞の「祭りの場」、「空罐」を冒頭に置く連作「ギヤマン ビードロ」を併録。【商品解説】

Download Read Online

Details of 祭りの場・ギヤマンビードロ講談社文芸文庫

Book's Title祭りの場・ギヤマンビードロ講談社文芸文庫
Author林 京子 (著)
ISBN-104-06-196023-7
Publication's Date1988/08/04
Category小説・文学の通販
Tags
Customer's Rating4.3 stars of 5 from 10 Readers
Filename祭りの場-ギヤマンビードロ-講談社文芸文庫.pdf
Filesize28.3 MB (current server's speed is 26.83 Mbps

Below are some most help review about 祭りの場・ギヤマンビードロ講談社文芸文庫). You may consider this before deciding to buy/read this boook.
40年前には理解することが出来なかった ** 1975年に林京子が「祭りの場」で芥川賞を受賞して、文壇にデビューしたとき、わたしはこの作品を読んでいる。でもその時、この作品の背後にある、のちに「原爆ファシスト」とも表されたという著者の凝縮された怒りを読み込むことは出来なかった。井伏鱒二の『黒い雨』も佐多稲子の『樹影』も素晴らしい作品である。けれども、原爆を体験してしまったもののみが知る「生体反応」とも言うべきものを、40年もの歳月をかけてやっと読み込むことが出来た。それは、筆者が後に「被曝していなければ、文章を書かなかった」と言ったことの真意に、少しだけ近づいたことを、意味すると思う。